パソコン廃棄で「データ消去証明書」のメリットについてちょっと調べてみました

パソコンを廃棄する際の注意点・トラブルに関することで注目したいキーワードが「データ消去証明書」です。今回は【パソコン廃棄/パソコン処分で「データ消去証明書」のメリット】はどこにあるのかをお話します。

■データ消去証明書は何故重要なのか?
パソコン廃棄/パソコン処分する場合はデータ消去証明書と呼ばれいてるレポートを発行してくれる企業が安心できます。誰が、いつ、どのような方法でデータを消去したのかを証明してくれるのです。パソコン廃棄/パソコン処分業者に依頼をしてパソコンを廃棄したとしても本当にデータを消去したかどうかはわからないでしょう。

それを明確にするためにデータ消去証明書を作成してもらうわけです。こうしておけば作業についての詳細な情報をしることができます。例えばデータ消去の方法でハードディスクHDDの破壊を選んだ場合です。破壊したことを証明する画像を添付してくれる業者を選びましょう。

目で見て確認をすることができます。上書きでデータ消去する場合もあります。その場合もデータ消去したパソコンのメーカー・型番・シリアルナンバー・消去方法・消去する場合に使用したソフトウエア・消去作業の開始日時と終了日時など詳細な内容を記載した証明書が作成されます。

ここまでしてくれれば安心できるでしょう。

■データ消去証明書を発行してもらうとどういったメリットがあるのでしょうか?
パソコン廃棄/パソコン処分業者の中にはデータを消去したと思わせておいて情報を取りだして、有益な情報の場合はそれを転売したりします。悪質な業者が存在していますから注意しましょう。このようなトラブルに巻き込まれることを回避できるのは大きなメリットです。

データ消去証明書を発行したからといって完全に消去したと言い切れるのか?そんな疑問を持つかもしれません。ですが万が一、偽装する業者であって情報漏洩があれば法的な訴訟を起こすことができるのです。損害賠償は膨大な金額になりますから、そこまでリスクを抱えてデータ消去証明書を発行することはないと考えられます。

パソコン廃棄で「データ消去証明書」のメリットについてちょっと調べてみました

パソコンを廃棄する際の注意点・トラブルに関することで注目したいキーワードが「データ消去証明書」です。


Copyright© 2016年3月2日 パソコン廃棄処理業者に依頼した場合の費用などを紹介するサイト
http://www.bcnbinaryblog.com All Rights Reserved.